2014.07.23

【Carrot】パーフェクトスコア惨敗

あの新馬圧勝劇は何だったのでしょうか?

 

中々訪れない2つ目の白星。

 

そろそろ短い距離を試してみませんか、高野調教師?

 

初戦1600mで圧勝。2戦目も1600mで4着。その後、1800m以上を使われ勝てないどころか安定感も無くなってきてますし…

 

1200mや1400mも試してみて貰いたいが無理ですかね~?やっぱり、調教師の能力って大切ですね。

 

次走はどうするんだろう?長めの休養とかになりそうだけど…

 

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

7/20  高野厩舎

20日の中京競馬では五分のスタートからジワッと前をうかがい、2番手を追走。直線半ばでやや手応えが怪しくなり、最後は一杯になって8着。「2着に来たときなどは、自分からハミを取って抑えきれないぐらいの行きっぷりだったのですが、今日はそこまでの手応えではなく、捌きも少し硬く感じました。いい時と比べるとちょっと物足りなかったように思いますし、本調子ならこんなことはないはずです」(浜中騎手)「無理使いはせず、適度に間を空けつつ使っているのですが、今日のようにレースに行って硬さが目立ってしまったり、なかなか難しいところがあります。持っている能力はこのクラスでうろうろしているものではないだけにもどかしいです。今回は結果につながりませんでしたが、やはり心身ともフレッシュな方が力を出せるとは思いますから、一度放牧に出すことも考えていきます」(高野師)位置取りや進め方は良かったように見えましたが、直線半ばではすでに手応えが残っていませんでした。中間の状態も良さそうだっただけに敗因をつかみかねますが、このあとの状態次第では放牧に出してリフレッシュさせることも検討しています。

 

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

2014.07.18

【Carrot】パーフェクトスコア、20日出走!

今週使うみたいですね!

短期放牧なので問題ないと思いますが、中々調子は良さそうですよ!

ただ、お天気が週末はどんなんでしょう?個人的にはパサパサのダートで走らせたいのですが…

まぁ力が違うのであれば、馬場状態なんて関係ないと思うので、ココがあっさり通過して欲しい所です。

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

7/17  高野厩舎

16日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-38秒5-24秒9-12秒5)。17日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で強めに追い切りました。割と走りやすい馬場ではありましたが、それにしても終い2ハロンの反応はとても良かったですし、動きに関しては文句ありません。以前は常歩の歩様に頼りなさがあったのですが、今回はそのあたりの不安も解消していて、しっかりとした歩きができています。この馬としては非常に順調に調整できていると思いますし、いい競馬を期待しています」(高野師)20日の中京競馬(3歳上500万下・ダ1900m)に浜中騎手で出走いたします。

[`evernote` not found]
LINEで送る

2014.07.10

【carrot】パーフェクトスコア順調に追い切り

帰厩して最初の時計。

 

短期なので、そう大きく変わらないとは思うけど・・・

 

時計に関しては、今週は時計が出やすい馬場だったようで、皆好時計を出しているので鵜呑みには出来ませんね。

 

はてはて、ジョッキーは明言されてないですが、誰になるのでしょうか?

 

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

7/9  高野厩舎

9日は栗東坂路で追い切りました(52秒9-38秒7-24秒7-12秒4)。「先週にトレセンに戻ってきてこちらでの調整を開始していますが、歩様にこの馬なりの硬さを見せることはあるものの、全体的にはいい意味で余裕のあるいい状態に見えますね。今朝は坂路で時計を出していますが、テンから終いまで元気よく駆け上がってきていますし、具合は悪くなさそうですね。週末や来週の動きを見ながらにはなりますが、今日のこの動きなら早くて来週から競馬を考えていけると思います。前走はアレッと言う結果にはなってしまいましたが、スムーズに運べれば上位の力がありますし、久しぶりもそう苦にしないタイプですからもちろんいい結果を期待したいですね」(高野師)20日の中京競馬(3歳上500万下・ダ1900m)に出走を予定しています。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

2014.07.04

【carrot】パーフェクトスコア帰厩してました

会社から帰ってネットを見たら、あらビックリ!!

 

パーフェクトスコアが厩舎に戻ってきてました 😀

 

思わぬ誤算?

 

是非、アウターバンクスが戦線に復帰するまでの間、頑張って欲しいところです!

 

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

7/3  

高野厩舎3日に栗東トレセンへ帰厩しました。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

2014.06.23

【carrot】パーフェクトスコアの近況

2勝目が中々遠いです。しかも2勝目をあげる事が出来ずリフレッシュ放牧。この厩舎、放牧長い気がするんですよね~若手なのに。

一応過去の分をまとめて

6/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き坂路調教ではハロン18秒程度のキャンターを基本に、適宜15-15に近いところも織り交ぜて乗り込んでいます。疲れも特にないですし、いい状態で乗り込めています。馬の状態を見ながらになりますが、ペースアップを図っていければと思います」(NFしがらき担当者)

6/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「普段の様子を見ていると心身ともにだいぶリフレッシュしてきた印象を受けますので、この中間から坂路で15-15に近いところも取り入れています。ペースを上げ始めたところなので、その後の状態をしっかりチェックしながら適宜な負荷をかけていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

6/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースと坂路でのキャンター調教を開始し、少しずつ負荷を強めています。しっかり時間を取ってリフレッシュしてきて状態も上向いてきていますし、状態を見ながら少しずつペースを上げていきたいですね」(NFしがらき担当者)

5/27 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間から角馬場に入れて騎乗運動を開始していますが、まずはダク程度で少しずつ動かしてリフレッシュを図っています。表立って疲れを見せることはありませんが、もう少しゆっくりさせてからコースでの調教を行っていきたいと考えています。馬体重は506キロです」(NFしがらき担当者)

5/20 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後はウォーキングマシンで軽めに動かしながら馬体チェックを行っています。大きなダメージは無さそうですが、タフなレースをした後ですので、もうしばらくはゆったりさせて、それから今後の調教メニューを組んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)

5/15 NFしがらき
13日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は、道中この馬のリズムで走ることができず、残念な結果になって申し訳ありませんでした。レース後は大きなダメージはなさそうなのですが、ああいうレースになってしまうと精神面も心配ですし、本来の走りができていないあたり、目に見えない疲れがあるのかもしれません。一度放牧に出してしっかりとリフレッシュさせたいと思います」(高野師)

5/10 高野厩舎

0a3e6b5d201451382629ec184b4aad9
10日の新潟競馬ではスタート後促して先手を伺いに行くが同型馬の動向を見て2番手からの競馬をする。向こう正面で後続が早めに上がってきたところをかぶされないよう主張せざるを得なくなり、道中の消耗が影響してか最後は余裕がなくなり10着。「馬の特徴を考えて前へ行きましたが勝浦さんも主張してたので2番手からの競馬にしたんです。最初は互いに主張して探った分いいペースにはなりましたが、控えてちょうど良くなるようにコントロールしようとしたんです。しかし、結構流れていた展開にも関わらずつついてくる馬が来たためさらに厳しい形になりました。勝浦さんの馬が2着に粘っているのですが、3コーナーすぎくらいまではこちらのほうがいい手応えだったのに、いざ追い出すとやはりタフで消耗したため踏ん張りきれませんでした。まわりを気にしたりしているわけではないし、しっかり走れているのですが、今日は苦しかったです。楽しみにしていたのですが、結果を出せずに申し訳ありません」(吉田隼騎手)「前走後期間を設けてケアをして態勢を整えてきましたし、悪くない状態でレースへ向かえたと思います。もまれ弱いところがある馬なので外枠はいいかなと思ったのですが、内の馬が主張して先手を奪えませんでしたし、そのあとに後続で捲ってくる馬がいたため、結果的には息が入らない展開になってしまいました。ただ、逃げた馬が2着に残っているのですから言い訳できないですし、申し訳ありません。力は十分足りるはずだし、クラス再編成前に何とかもうひとつ勝ち星を重ねたかったのですが、相当タフなレースをした後ですし、体質面を考慮すると間隔を詰めていくのもリスクはありますから、状態次第ですが再度間隔を設けて今後を考えていくことになるかと思います」(高野師)前走後はこれまでの形のようにケアと調整期間を設けて態勢を整えたうえで今週勝負に行きました。自分のリズムで運べれば強い馬なだけに条件は悪くないかと思ったのですが、結果的には相当厳しい形になってしまいました。直線に向いてからも何とか踏ん張ろうとしていたあたり力は示しているのですが、結果が欲しかっただけに残念です。このあとはいったん放牧を挟む公算が高くなりますが、もちろん現級では力上位の馬だと思いますし、この悔しさを次走以降で晴らしてほしいと思っています。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« Previous | Next »