Home > 7月, 2012

2012.07.25

【ラフィアン】バンブーユキヒメの11近況(7/18)

この馬も人気ありません・・・

兄弟に活躍馬はいませんが、なかなか良い馬に思えるのですが・・・

ダートでそこそこ活躍できるのでは?と思って出資した馬です。

以下、クラブ公式コメントです

更新日 : 2012年7月18日(水)

バンブーユキヒメの11は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。他の牡の募集馬たちと一緒に昼夜放牧で管理しています。休養を挟むことなく元気に過ごしていて、自己主張をするタイプではありません。しっかりした骨格が目立ち、馬体にも張りがあって、歩きや走りからは緩さが少ないような印象を受けています。スタッフは「普段はおっとりしていて目立ちませんが、顔を触られるのだけは嫌がります。表には出ていませんが、内面はかなり気が強そうですね。馴致の際も最初に納得させるまでは時間が掛かるかもしれません」とコメントしていました。(7月13日現在の近況)

[`evernote` not found]
LINEで送る

2012.07.23

【ラフィアン】ナリタジュエリーの11近況(7/18)

うーん、人気ないですね~

まだ10口も売れていないとは・・・

ラフィアンの傾向がいまいちわからないので何ともいえませんが、ナリタジュエリーの11に関しては体質強化のコメントは嬉しい限りです。これから始まるであろうスパルタ教育に備えて、じっくり下地を作ってほしいです。

以下、クラブ公式コメントです

更新日 : 2012年7月18日(水)

ナリタジュエリーの11は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧で管理しています。肩の付き方や飛節のかたちなどは父のコンデュイットにそっくりです。牧場から引き取ってきた当歳時は熱発が続いたことがあるなど、体質が弱かった時期がありました。しかし冬の間、昼夜放牧を続けた結果、体質が改善されて今年に入ってからは健康そのものです。スタッフは「以前は大人しい馬という感じでしたが、最近は集団の中で積極的に動き回るなど馬自身に活気が出てきました。印象が変わってきています」とコメントしていました。(7月13日現在の近況)

[`evernote` not found]
LINEで送る

2012.07.22

【carrot】サードシアター、無事選出!

何とか選出されたようです。

次こそ結果がほしいです!

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

7/22 函館競馬場
8月1日の門別競馬(リゲル特別・ダ1800m)に登録して選出されました。

7/19  函館競馬場
19日に函館競馬場へ帰厩しました。「予定通り短期間の放牧を経て競馬場へ帰厩させました。緩まないように調整をしてもらえましたのでコンディションは悪くありませんし、改めて手元で様子を見つつ進めていきたいと思います。今週末に門別の交流戦への申込み受付がありますので、今回も参戦するために登録するつもりです」(鈴木伸師)

[`evernote` not found]
LINEで送る

【carrot】アウターバンクス近況(7月20日)

出走体制が整えばジュニアゴールドカップに出走してほしかったのですが、こちらは出走間隔からも僚馬のカイカヨソウに任せるようですね。カイカヨソウには好走を期待して応援したいと思います。

さて、アウターバンクスですが次走はどうなるのでしょうか?鞍上は?

気になることが多いですが、更新を待ちたいと思います。

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

7/20 NF空港
「先日は本当にありがとうございました。普段の調教から能力の高さは感じられていただけに最良の結果を出すことができて本当に良かったです。レース振り、そして勝ちタイムからもまだ秘めたる力があると感じられるだけに今後も才能を開花させるために日々、進めていければと思います。状態面に関してはレースから数日、様子を見ていますが問題が出てくることはありません。状態面を見た上で次走を検討していきたいと思っているところです」(空港担当者)

[`evernote` not found]
LINEで送る

2012.07.20

【carrot】アウターバンクス、デビュー戦圧勝!

アウターバンクスが18日に門別競馬場でデビューしました。→出馬表はこちら

出遅れ気味のスタートを3コーナー手前で先団に追いつき最後の直線。インから抜けだしをはかるも窮屈な位置取り。

そこから!前の馬の間を割って抜け出す、デビュー戦とは思えない根性と末脚で快勝。嬉しい嬉しいデビュー戦勝利となりました。

タイムがこれまた素晴らしい!

同日および前日に行われた同距離のレースと比較しても断トツに早く、1秒以上早いレースもあります。展開や力関係もあるので、一概にタイムのみの比較は出来ませんが、心強いバックボーンが出来た気がします。

門別の開催番組には詳しくないのでわかりませんが、次はどこを走るのでしょうかね?公式アナウンスを楽しみに待ちたいと思います。

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

7/18  NF空港
18日の門別競馬では遅れたスタートから道中は4~5番手を追走。直線では僅かな隙間から突き抜けると能力の違いを見せつけて優勝。「初めての騎乗だったので、能力試験の映像をチェックしてからレースに挑みました。もう少し砂を被ると頭が高くなるイメージがあったのですが、自分が思っているよりもスムーズに道中は進めることができました。直線でなかなか前が開かず、見た目にはハラハラさせてしまったかもしれませんが、乗っている分には手応えもありましたし、残り100mからは抜群の伸びを見せてくれました。今日の走りからも将来が非常に楽しみです」(岩橋騎手)「直線ではいい末脚を見せてくれたように、まずは勝利を掴むことができてホッとしています。能力試験時と同様に装鞍所で馬っけを出すなど相変わらず幼い面は見られましたが、今回は能力が違いましたね。急遽のレース変更となり、距離を短縮しての1戦となりましたが道中の走りを見ても本質的には距離が延びた方がより本来の力を発揮できると思います。走破時計も優秀ですし、今日の勝利で先々期待が広がったのは間違いありません」(広森師)当初、出走を予定していた認定競走が不成立となり、レースを変更してのデビュー戦となりましたが見事、力の違いを見せつけて勝利で飾ってくれました。状態が良かっただけにまずはレースを無事に迎えられ、勝利を手にしてくれたことを喜びたいと思います。まだレース内容に課題は残りますが、その秘めたる能力が如何なるものなのか期待が広がった1戦だったのも事実でしょう。今後はノーザンファーム空港に戻った上で再び調整を行っていくことになりますが、次走については状態をじっくり見ながら検討していきたいと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る

Next »