Home > 2月 27th, 2014

2014.02.27

【ラフィアン】厳しかった昇級初戦

マイネルジパングが昇級初戦を迎えました。

クラブのコメントは調子が良いような感じでしたが、競馬ブックの調教欄を見る限り余り調子が良いような追い切りではないような・・・

 

レースは・・・

5分のスタートから、相変わらずスゥーっと好位にとりつき淡々とレースが進みました。

スピードが上がった3コーナーから4コーナーで手応えが鈍くなり、直線は後ろから来た馬に交わされる一方で伸びは見られませんでした。

もう少し速い足が使えるようになれば面白そうなのになーと思ってみてました。

でもレースセンスはやっぱり良いですよね。良い位置を取ってくれます!

次走、このクラスに目処が立つ内容である事を期待したいです!

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

出走日 開催地 レース コース 距離 騎手 着順
2014/2/22 東京 3歳500万下 (混) 1600m 田辺裕信 9着

田辺騎手「テンに速い馬が少ないメンバー構成でしたので、好位につけて正攻法の競馬をするつもりでした。もう一列前へつけられるイメージでしたけれど、それでも前の位置では立ち回れましたし、ほぼ事前に描いていたようなレースはできたように思います。ただ、追ってからもう一段階ギアがほしいところですね。よく伸びてはいるのですが、そのあたりが今回、上位勢との差につながったのだと思います。とはいえ、今回は昇級初戦です。クラスに慣れてくればもっとよいパフォーマンスをみせてくれるのではないでしょうか」

上がった状態に問題なければ続けて使っていく予定です。
具体的な番組は騎乗を再開してから検討しますが、同じような条件を視野に入れる方向で考えています。

ちなみに、下記が出走前日の公式コメントです

2014年2月21日(金)
マイネルジパングは、2月22日(土)東京6R・3歳500万下・芝1600mに田辺裕信騎手で出走します。7戦目となる前走で待望の初勝利をあげ、軽いリフレッシュのためその後は鉾田へ。順調に調整されて5日に美浦に入厩。その後も予定どおりに追い切りを消化してきました。稽古で自分の動きができているように、合格点が与えられる仕上がりです。今回が昇級戦。どんなレースができるのか注目しています。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る