Home > 5月, 2014

2014.05.22

【G1TC】40口出資初勝利エミネントレコード!

いやー嬉しいです。

40口は2頭目ですが、1頭目は未勝利で引退。今回が初勝利です!

これで、今年も1口出資する意欲が出てきました。最近は馬券の調子も良いですし!

horsePhoto horsePhoto (1) horsePhoto (2) horsePhoto (3) horsePhoto (4)

 

レース自体は安心してみていられました。

直線に入るところで後続に差を詰められるどころか少し差を広げましたからね。

是非昇級しても頑張って欲しいです!

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

2014年05月21日
栗東TC
前走快勝後も馬体に変わりありません。本日5月21日(水)まで厩舎周りの運動のみに控えて、明日(木)より騎乗調教を再開する予定です。跨った感触を確認して、回復具合が順調であれば、500万下条件で3歳馬限定戦の最後となる、来週6月1日(日)京都・ダート1400m戦への出走を前向きに考えていきます。ここも引き続き幸騎手が騎乗できる見込みです。

 

2014年05月18日
栗東TC
5月18日(日)京都2R・ダート1400m戦に56kg幸騎手に出走し、馬体重は休養前の前走から+12の494kgでした。レースでは、好スタートを決めるとそのままスピードに乗って2番手を追走していきました。4コーナーから直線入口に掛けて馬なりで逃げ馬に並び掛け、直線半ばで満を持して追い出すと力強い伸びを見せて抜け出し、グングン後続を離していきました。最後まで脚色は衰えず2着馬に3馬身差をつける完勝劇で嬉しい勝ち上がりを決めています。勝ち時計は1:25.1でした。
騎乗した幸騎手は「ありがとうございました。仕上がりは良かったですし、調教通り走れば大丈夫だと思っていました。スっと良い位置を取れて道中もスムーズな競馬で完勝でしたね。久々でしたから、ここを叩いての上積みもありそうで次はもっと動けそうです」と笑顔でコメントしており、また西浦師は「間隔はあいていましたが、調教から良い感触でしたからね。危なげなく勝利を決めてられてホッとしました。プラス体重は成長分もあったと思います。次はトレセンへ戻った状態を確認してからになりますが、さらに上を目指して頑張っていきます」とこちらも笑顔で話していました。

 

2014年05月15日
栗東TC
今週5月18日(日)京都2R(10:25)・ダート1400m戦に56kg幸騎手で出走が確定しています。このレースはフルゲート16頭立てになりました。
※口取り(優勝記念撮影)へのご参加は先着10名様までとなっており、事前予約が必要です。明日5月16日(金)午前10時から午後5時まで、クラブ代表電話(03-3505-4111)でお待ちしております。

 

2014年05月14日
栗東TC
今週5月18日(日)京都・ダート1400m戦に56kg幸騎手で出走を予定しています。想定時点ではフルゲート16頭のところに出走表明馬は本馬を含めて15頭のみに留まっています。この中間も脚元の状態に変わりなくしっかり乗り込んでいて、5月14日(水)は幸騎手が跨ってウッドチップコースで3頭併せの追い切りを行いました。6Fから83.5-66.5-51.1-37.4-11.9秒の時計をマークし、終い良く伸びてパートナーに先着しています。馬体も徐々に絞れてきて、出走態勢はほぼ整いました。復帰初戦から初勝利を狙います。

 

2014年05月12日
栗東TC
5月11日(日)にウッドチップコースで時計を出しており、半マイルから58.8-43.7-13.8秒をマークしています。


2014.05.15

今更ながら「雲の階段」を見てみた

率直な感想は、面白かったが全ての面が「中途半端」な終わり方だったなーと言った感じです。

ネタバレはネタバレサイトに任せるとして少しだけ・・・

  • 亜希子さんはやっぱり最後に会った人と幸せになるのか?
  • 明子さんは?
  • 所長は?
  • 医院長は?
  • 最後のシーンは何年後?セリフから1,2ヶ月ではなさそうだし、誰か一緒に来てるのか。○○○○中は海外旅行も規制があるのでは?だから相当先の話?

等々・・・

 

個人的には主人公がもう少し感情を取り戻して、奥さんと接見の時とか見応えのあるシーンにして貰いたかったし、普通の幸せを手に入れて欲しかったのですが・・・原作はどうなのか分からないですけどね。

でも、やはり稲森いずみさんと加賀まりこさんは流石と思わせる演技だったと思います。2人のシーンは思わず涙ぐんでしまいました。俳優さんがしっかりしてると、見ていて引き込まれてしまいますね。

 

今度時間を見つけて原作本を読んでみようかと思います!


2014.05.09

【carrot】パーフェクトスコア出走情報

またまた更新を大サボり・・・
その間に、色々ありましたが、まぁヨシとしておきましょう。

今回こそ500万を卒業して欲しいです。と言ってもすぐ番組代わりで降級になりますが。新潟強い吉田隼人騎手。期待しましょう!

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

5/8  高野厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(55秒5-40秒2-26秒2-13秒3)。8日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で併せて追い切りました。馬場がちょっと重くなっていたこともあって時計自体はそれほど出なかったのですが、先週しっかりとやっていますし、輸送のある今週はこれで十分でしょう。体調は変わらずいいですし、馬体の張りも文句ありません。左回りは合っているので、スムーズな競馬ができれば楽しみです」(高野師)10日の新潟競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に吉田隼騎手で出走いたします。

 

一応、過去の分も転載しておきましょう

5/1 高野厩舎
4月30日は軽めの調整を行いました。1日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-38秒6-25秒4-13秒0)。「今週は今朝坂路で追い切っています。私は他の馬に跨っていて直接動きを確認できていなかったものの、脚色一杯ながら乗り手の感触は悪くなかったとのことですし、馬には活気があっていい状態に見えますね。馬体の張りも上々ですし、この調子で競馬へ向かっていきたいですね。週末や来週の動き次第にはなりますが、早ければ来週から考えていけるようにしたいですね」(高野師)早ければ10日の新潟競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。

4/30 高野厩舎
29日に栗東トレセンへ帰厩しました。「ここまで順調に動かすことができて、だいぶ本調子に近づいてきました。高野調教師とも話をして、火曜日に帰厩させています」(NFしがらき担当者)
4/22 NFしがらき
坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「様子を見ているとだいぶ覇気が出てきましたし、疲労のほうは徐々に抜けてきたように感じます。調教を進めていく態勢は整いつつありますので、この後は目標の新潟開催に向けて調整していきます」(NFしがらき担当者)

4/15 NFしがらき
坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「コースで騎乗運動を開始しましたがまずは軽めに動かしながら体を解しています。疲労の回復を促しながら進めていますが、体調は少しずつ上向いてきていますので、様子を見ながら順次進めていければと考えています」(NFしがらき担当者)

4/8 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「レース後はそれほど疲れを見せていなかったようですが、こちらに到着後、様子を見ていると徐々に疲労が表面に表れてきたように感じます。現状の様子を見ると福島開催を使ってしまうとその後の反動が心配ですし、その点を高野師と相談した結果、目標を少し延ばして新潟あたりを視野に入れていこうという話になりました」(NFしがらき担当者)

4/2 NFしがらき
2日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は残念でしたが、スムーズな走りはできていましたし、次こそはと思わせる内容でしたね。レース後も大きな疲れは見せていませんが、馬体のチェック、ケアを含めて1週間ほど放牧に出させていただき、福島競馬を目指したいと思います」(高野師)

3/29 高野厩舎
29日の中京競馬では道中3番手を追走する。勝負どころからじわじわ上がって直線ではこの馬なりに脚を使っているが、最後は勝ち馬に離されてしまい2着。「スタートがそれほど速くなかったのであの位置からになりましたが、少頭数で外目の枠でしたから囲まれる心配はなかったですし、焦らずに進めました。道中に砂を被っても問題なかったですし、勝負どころでは楽な手応えで行けたのですが、結果的に勝ち馬に強い走りをされてしまいました。それでも交わされてから止めることはなかったですし、力はありますね。今日は一番いい結果を出せず申し訳ありませんでした」(川須騎手)「ジョッキーには行けるようならハナへ、スタートが速くないようなら前を見ながらリズムを整えつつ運んでほしいとリクエストしていましたが、結果後者でしたね。道中の走りは悪くなかったですし、最後もバテずに脚を使えていますからこの馬の走りはできたのかなという気はします。悔しいですが、今日は勝ち馬が強かったと評価するレースだったのかなと思いました。惜しいところまで来ていますし、このまま勝ちにいきたい気持ちもありますが、体質が強いほうではないので、今後に関しては馬の状態次第で考えさせてください」(高野師)先手を奪うことはできませんでしたが、それでもリズムを崩すことなく走っていました。今日は勝ち馬が強かったことはありますが、この馬自身は直線で悪くない伸びを見せてくれましたし、力的にも次の競馬ではもうひとつ上の着順を期待したいものです。この後は状態を見ながらどうするか判断していきます。

3/27 高野厩舎
29日の中京競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に川須騎手で出走いたします。

3/26 高野厩舎
26日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-39秒4-25秒5-12秒8)。「今朝は競馬でも乗ってもらう予定の川須を背にして坂路で追い切りました。一杯に動かしてほしいと指示を出していましたし、この馬場でもそれなりの時計で上がって来てくれましたが、動きを見ていても合格点をあげられるものでしたよ。今回は復帰戦で好走した中京競馬場になりますし、スムーズに流れに乗ることができればもちろん結果を期待できる馬ですから、レース当日までしっかりと体調を整えておきます。今のところは土曜日に使おうかなと考えています」(高野師)29日の中京競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に川須騎手で出走を予定しています。

3/19 高野厩舎
19日は栗東坂路で追い切りました(52秒2-38秒5-25秒5-13秒1)。「来週の競馬を視野に入れて、火曜日に帰厩させました。前走後も、念のために精神面のケアで放牧に出しただけで特にダメージがあったわけではありませんから、すぐに動かしだすことができていますし、今朝さっそく坂路で時計を出しました。時計が良かったのは走りやすい馬場ということもあるのですが、動き自体もしっかりしていて文句ありません。これで週末、来週とやれば十分いい状態に仕上がるでしょう」(高野師)29日もしくは30日の中京競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。

3/18 高野厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。「牧場での滞在期間は短いものでしたが、静かな環境でゆったり過ごせたので気持ちのリフレッシュはできたと思います。この中間は坂路で17-15の調教も行って動きに問題ないことを確認しましたので、スムーズに移動させることができました」(NFしがらき担当者)

3/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「マシンで動かしながら様子を見ていますが、大きな問題はなさそうです。まずは精神面のリフレッシュがメインになりますので、状態をチェックしながらペースアップのタイミングを図っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

3/6 NFしがらき
6日にNFしがらきへ放牧に出ました。「この中間、軽く乗りながら状態の確認を行ってきました。短い間隔で出走できる状態ならそれも考えていこうと思ったのですが、精神的なものがレースに影響するタイプでもありますし、無理に使うとレース後も心配ですので、やはり放牧に出させていただくことにしました」(高野師)

2/26 高野厩舎
26日は軽めの調整を行いました。「先週は思っていたような結果を出せず申し訳ありません。やはり揉まれる形になったことで力を発揮することができませんでしたが、もう少しスムーズに走れていれば違うはずですから、そういう競馬をしてしっかりと巻き返していきたいですね。レース後は思ったほどダメージは見られませんが、権利を外してしまいましたし、精神的にプレッシャーのかかる走りをしましたから一度放牧に出してリフレッシュさせる考えです。牧場で見てもらって改めて問題ないようなら、それほど間を空けずに戻して競馬を考えていけるようにしたいですね」(高野師)タイミングを見てNFしがらきへ放牧に出る予定です。