Home > 7月 1st, 2014

2014.07.01

【carrot】アウターバンクス夏休みへ

アウターバンクスが放牧に出されました。

地方馬だけに物凄く長いお休みは困ってしまいますが、ココ2戦、ふがいない内容なのでリフレッシュして帰ってきて欲しいです。

以下、クラブ公式コメントです
【クラブより、公式HPの近況レポート等の転載許可を受けております】

6/30 セグチRS
30日にセグチRSへ放牧に出ました。「先週はスムーズな競馬ができず、歯痒い内容となってしまい申し訳ございません。その後、厩舎に戻って様子を見ましたが、馬体に異常は見られませんね。しかし、ここ2戦は精神的に苦しい競馬になってしまったこともあり、今回は心身ともに少し疲れが見られます。2月末からここまでコンスタントに使ってきたことによる疲労の蓄積もあるのでしょう。できればもう1つ勝ってからお休みをと考えていましたが、これから先は気温も上昇してくるでしょうし、そのことを考えるとこのタイミングで放牧に出させていただきたいと思います。放牧先のセグチRSもアウターのことはよく分かってくれていますので、またいい形でリフレッシュさせてあげられればと思います」(月岡師)

6/26 大井・月岡厩舎

20140626
26日の大井競馬ではスタート直後、両隣の馬に挟まれてしまい後方からレースを進める。直線ではじりじりと伸びているものの前との差を詰められず12着。「返し馬では非常にいい雰囲気だったので、僕も期待をもってレースに向かったのですが、このような結果になってしまい大変申し訳ございませんでした。スタートはしっかり出てくれたのですが、その後に両側の馬が迫ってきて挟まれ手綱を引かざるをえない状況になってしまいました。それでも前走のように競馬を止めてしまうことはなく最後まで頑張ってくれていました。しかし、あの位置から4コーナーでは大外を回らされてしまい上位との差を詰めることはできませんでした。スタート後のアクシデントがなく、スムーズに進められていればこのような結果にはならなかったのではないかと思いますし、残念でなりません」(今野騎手)「パドックでは落ち着いて周回していましたし、馬体もしっかりキープしていましたのでいい状態で送り出せたと思います。跨がった今野騎手もいい感じですねと言ってくれていましたので楽しみにしていたのですが・・・。アウター自身はちゃんとゲートを出てくれたのですが、両側から寄られてしまいましたからね。すぐにコーナーを迎えるコース形態なのでスタート後のポジション争いでごちゃついてしまうことがあるのですが、まさにそのパターンといった感じになってしまい残念でなりません。本来の力を発揮することはできなかったものの、そのような状況でも最後の直線では伸びようとしてくれていましたし、気持ちを切らさずに走ってくれたことは良かったと思います。このクラスでどれくらいやってくれるか力を見たかったのですが、2戦続けてこのような結果になってしまい大変申し訳ございません。この後は厩舎に戻って様子を見てから検討していきたいと思います」(月岡師)好状態をキープして出走することができただけに、スタート後手綱を引かざるを得ない形となったことが最後まで響きました。気持ちを切らさず走れていたことからも枠の利を活かして先行できれば結果は違っていたかもしれません。次こそはスムーズなレース運びで前進を期待したいところです。このあとは厩舎に戻って様子を見てから検討していきます。

6/24 大井・月岡厩舎
23日は大井競馬場ダートコースで追い切りました(54秒6-38秒8)。24日は軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も順調に調整を進めることができましたから、昨日は終い重点の追い切りで動きを確認しました。四肢の捌きに硬さは見られませんし、覇気もありますので引き続きいい状態をキープできていると言えるでしょう。本日、出走確定して3枠4番に決まりました。アウター的には外枠の方がレースをしやすいのですが、1400mはスタートしてすぐに2コーナーの右カーブに入るため内枠有利のコースですし、その利を生かせるレース展開に持ち込みたいところですね」(月岡師)26日の大井競馬(B3五・ダ1400m)に今野騎手で出走いたします。

6/19 大井・月岡厩舎
19日は大井競馬場ダートコースで軽めのキャンターを行っています。「精神面を重点的にチェックしてきましたが、カリカリしたところは見られませんし、馬場に出しても落ち着いてキャンターを行うことができていますね。先週の段階では少しレース間隔を空けてから次走を使おうかなと考えていましたが、この1週間の様子を見ている限りでは大きな問題は感じられませんし、今の状態であれば22日から始まる大井開催に向けて進めていけるでしょう。番組を確認したところ26日にレースが組まれており、あと1週間あるので今後の調整をしていくにはちょうどいい間隔と言えます。もちろん不安が出てくればスキップすることも再検討しますが、今のところ26日のレースに使う方向で調整していきたいと思います」(月岡師)26日の大井競馬(B3五・ダ1400m)に出走を予定しています。

6/12 大井・月岡厩
12日は大井競馬場ダートコースで軽めのキャンターを行っています。「この中間から馬場に入れて軽めの運動を開始しました。馬体に異常はありませんし、精神面も今のところ落ち着きを見せていますね。この様子であれば放牧を挟まずに再度競馬へ向かっていくことができるのではないかと思います。とは言え少し気持ちの面をリフレッシュさせてあげたいので、今のところ次の大井開催はスキップさせていただいて7月6日から始まる大井開催を目標に進めていこうかなと考えています」(月岡師)

6/6 大井・月岡厩舎
6日は軽めの運動を行っています。「先日のレースは申し訳ございませんでした。最近は安定して力を発揮してくれていましたが、今回はリズムを崩してしまいレースに集中してくれませんでしたね。力を出し切っていないので馬体に大きなダメージは無さそうですが、精神面を考慮してこの中間はまだ馬場入りせずに軽めの運動を行っているところです。この後の予定につきましては続けて使っていくか、それとも一度放牧に出して気持ちをリセットさせた方がいいのか考えているところなので、もう少し心身の状態をチェックしてから判断させていただければと思います」(月岡師)

6/2 大井・月岡厩舎

20140602
2日の大井競馬ではスタートで出遅れてしまい後方からの競馬。直線でも前との差を詰めていく程の伸びは見られず14着。「返し馬の雰囲気は悪くなかったので、今日も力を出してくれるんじゃないかと期待してレースに挑みました。しかし、ゲートに入って待っている間にだんだんそわそわしだしてちょっとイヤな感じだなと思っていたらスタートのタイミングが合わずに出遅れてしまいました。少しくらいの遅れならいつも通りなのですが、今回は隣の馬にサッと前に入られてしまいそこで気持ちが切れてしまったようです。そのため道中はふわふわとした走りになってしまい流れに乗り切れず、直線でも弾けてくれませんでした。今日はこの馬の力を出しきることができず悔しいレースとなってしまいました。大変申し訳ございません」(今野騎手)「馬体重はキープしていましたし、体調は良い状態で送りだすことができたと思います。ただ、パドックではいつもより落ち着きのない様子でしたし、今日はちょっと気持ちの面で気負いがあったのかもしれません。そして、スタート後に前をカットされるような形になって走る気を損なってしまったのでしょう。ここのところスムーズな競馬が出来ていたので力を発揮できていましたが、今日はチグハグな展開になって気難しい面が出てしまいました。結果は悔しいものになってしまいましたが、これが本来の力ではありませんし、なんとか巻き返していきたいと思います」(月岡師)今日はクラスが上がっての一戦で、どのような走りを見せてくれるか期待していましたが、残念ながら最良の結果とはなりませんでした。スムーズに流れに乗れなかったこともあり、普段の走りをすることができませんでしたが、本来の力を発揮してくれれば結果は違っていたでしょう。この後は厩舎に戻って馬体や精神面のチェックを行ってから方針を決めていきます。

5/31 大井・月岡厩舎
6月2日の大井競馬(ハッピーナイト賞・ダ1600m)に今野騎手で出走いたします。

5/28 大井・月岡厩舎

20140528
28日は大井競馬場ダートコースでキャンター2000mを行っています。「この中間も順調に調整を行っており、心身ともに不安な点はありませんからこのまま6月1日から始まる大井開催に向かいたいと思います。番組がすでに発表されており、6月2日のレースになりましたので、ここを目標に進めていきます。これまでの調整過程と同様に今回も中間に速い時計は出さず、直前にサラッと動かす程度の追い切りを行って本番に臨みたいと考えています」(月岡師)6月2日の大井競馬(ハッピーナイト賞・ダ1600m)に出走を予定しています。

5/21 大井・月岡厩舎
21日は大井競馬場ダートコースでキャンター2000mを行っています。「今週から馬場入りを再開しており、順調に調整を行っています。次走につきましては今週の動きを見てから決めようと思いますが、問題がなければ今のところ6月1日から始まる大井開催に使う方向で考えています。次はクラスが上がりますが、安定して力を発揮できるようになってきましたし、アウターの能力なら十分やれると思っていますよ」(月岡師)

5/14 大井・月岡厩舎
14日は軽めの運動を行っています。「先日はどうもありがとうございました。その後、大きなダメージは無さそうですが、まだレースからそれほど日が経っていないので今は厩舎周りで曳き運動をしながらしっかり馬体チェックを行っています。今週一杯は楽をさせて、来週あたりから徐々に動かしていって次をどうするか検討していきたいと思います」(月岡師)

5/12 大井・月岡厩舎

20140512-2 20140512
12日の大井競馬ではスタートすると押して先行集団に取り付き、道中は3番手を追走。4コーナーで前に並びかけて直線で先頭に立つと最後は内から盛り返してくる2着馬の猛追を振り切って優勝。「ここ最近は安定して力を出せるようになってきましたし、今日のメンバーなら上位争いをしてくれるだろうと期待していましたが、最良の結果を出せてホッとしました。スタートは相変わらずでしたが、その後はスムーズに進めることができましたし、余裕をもって直線に向かえましたよ。ただ、内の馬が思った以上にしぶとくて最後は差を詰めてきましたから、ちょっとヒヤッとしましたね。でも、アウターにもまだ余力がありましたからなんとか最後まで凌いでくれました。遅い時間のレースでしたが、多くの会員さんにお集まりいただきましたし、今日は本当にありがとうございました」(今野騎手)「馬体重は少し減っていましたが、体つきは悪くなかったと思います。今日は風が強くてその音を気にしたのかパドックではちょっとテンションが高めでしたが、ジョッキーが跨がって馬場に向かうときは冷静な状態になっていましたので、これなら力を出してくれるなと思いました。ポイントのスタートから最初のコーナーまでをスムーズにこなしてくれたので、道中は安心して見ることができましたね。直線を向いて抜け出してきたのでこれはもらったと思ったのですが、2着馬が最後に凄い勢いで盛り返してきたときはドキッとしましたね。実はこのレースの前、うちの厩舎は299勝まで来ていたのですが、そこから少し足踏みをしてしまっていたんです。でもアウターバンクスが踏ん張って勝利を掴んでくれたことで300勝に到達することができました。本当にありがとうございます。馬もだいぶ軌道に乗ってきましたし、これからが本当に楽しみですね」(月岡師)ここ数戦は歯痒いレースでしたが、今日は最良の結果を出してくれました。以前は精神的な面から崩れてしまうこともありましたが、今はレースを止めることなく最後まで力を発揮してくれるようになりましたし、逞しく成長してくれていますので、今後の走りにも期待が膨らみます。この後は厩舎に戻って様子を見てから決めていきます。

5/10 大井・月岡厩舎
12日の大井競馬(薫風特別・ダ1600m)に今野騎手で出走いたします。

5/7 大井・月岡厩舎
7日は大井競馬場ダートコースでキャンター2000mを行っています。「この中間はコースで2000m前後の距離をハロン18~20秒くらいで乗る調整を行ってきました。動きはいつも通りですし、気性面も変にうるさくなるところは見られませんね。特に不安点はありませんので、このまま11日から始まる大井開催に使いたいと思います。番組を見ると12日にレースが組まれましたので、様子を見て明後日くらいにサッと流す程度の追い切りをかけて本番に向かいたいと考えています。ここ近走の内容を見ても勝利まであと少しというところまで来ていますし、いい結果を出せるよう調整していきます」(月岡師)12日の大井競馬(薫風特別・ダ1600m)に出走を予定しています。

5/1 大井・月岡厩舎
1日は大井競馬場ダートコースで軽めの調整を行っています。「レース後、大きなダメージは見られませんでしたので、本日からコースに入れて軽めの運動を開始しています。コンスタントにレースを使っていますが、使い減りしている雰囲気はありませんし、この様子であれば次は11日から始まる大井開催を目標にしていこうかなと考えています。とは言え、まだレースから一週間も経っていない状況ですので最終決定をするのは来週の動きを見てからにしたいと思います」(月岡師)

4/25 大井・月岡厩舎

20140425
25日の大井競馬ではスタートでやや遅れるものの押して先行3~4番手のポジションでレースを進める。4コーナーでは2番手に付けて前の馬を射程圏に捉えるが、粘る勝ち馬を捕まえきれず2着。「申し訳ございません。首が高いのでどうしてもスタートしてからのダッシュがワンテンポ遅れてしまいますね。押していってポジションは確保できたのですが、そこで力を使ったぶん最後に響いて勝ち馬を捕らえることができませんでした。結果は残念でしたが、道中の操縦性は以前よりずいぶん良くなっていますし、成長が感じられた面もありました。このクラスで勝てるだけの力が十分ある馬ですから、次こそは何とかしたいですね」(今野騎手)「4コーナーをいい形で回ってくれたのですが、最後は苦しくなってしまいました。こちらは前半にポジションを取るのに脚を使っていますし、道中は勝ち馬より外を回らされてしまいましたからね。最良の結果を出すことができず、申し訳ございません。しかし、放牧明けから安定して力を出せているように、ここにきて精神面の成長が窺えます。年齢を重ねての成長もあるのでしょうが、少し調教内容を変えてみた効果が現れているのかもしれません。その変化とは最終追い切りで速い時計を出さず、少し気合いを付ける程度の馬なり調整にしていることです。その方がレースに行っても気持ちにゆとりを持てていますし、馬体重もキープできていますから、この調整方法がフィットしているのかもしれませんね。今日は悔しい結果でしたが、収穫のある一戦でもありましたのでしっかり次に繋げていきたいと思います」(月岡師)4コーナーでは勝利の二文字が見えましたが、残念ながら最後は勝ち馬を捕らえることができませんでした。しかし、ここにきてレースを止めることなく最後まで力を出してくれるようになってきたことは収穫と言えますし、今後の走りにも期待が高まります。この後は厩舎に戻って様子を見てから決めていきます。

4/23 大井・月岡厩舎
22日は大井競馬場ダートコースで追い切りました(54秒0-39秒7)。23日は軽めのキャン ター調整を行っています。「25日のレースに向けて昨日、追い切りを行いました。半マイルから単走で行って終いに少し気合いを付けるような内容でした。コンスタントにレースを使ってきていますので、強い負荷をかけるというよりは反応を確かめるという具合でしたが、フットワークはしっかりしていましたし、直線で合図を送るとスッと動けていましたよ。跨がった助手も変わりなく順調に来ていると言っていました。今日は追い切り翌日なので軽めの調整でしたが落ち着いていましたし、これなら好調をキープしてレースに挑めるでしょう」(月岡師)25日の大井競馬(晩春特別・ダ1600m) に今野騎手で出走いたします。

4/16 大井・月岡厩舎
16日は大井競馬場ダートコースでキャンター1800mを行っています。「この中間もしっかり様子を見てきましたが脚元や体調に問題は見られませんし、気持ちの方も変にイライラするようなところはありませんね。ちょうど20日から始まる大井開催の番組が決まりましたので、アウターのクラスを見たところ25日に組まれていました。あと一週間ちょっとありますし、間隔的には丁度いいと思いますのでこのままレースに向かって進めていきたいと思います」(月岡師)25日の大井競馬(晩春特別・ダ1600m)に出走を予定しています。

4/9 大井・月岡厩舎
9日は大井競馬場ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「不良馬場のレースを走った後なので、この中間慎重に様子を見てきましたが大きなダメージは無さそうですね。昨日から軽めの乗り運動を開始していますが、動きの方も変な硬さなどは見られません。馬房内でも落ち着きがありますしカイバ喰いも悪くありませんので、今のところこのまま続戦していく予定ですが、まだレースから一週間程なのでもう少し心身の状態をチェックしてから次に向けてのプランを練っていきたいと考えています」(月岡師)

4/3 大井・月岡厩舎

20140403
3日の大井競馬では道中は馬群の後方からレースを進め、3コーナーあたりからじわじわとポジションを上げていき直線では脚を伸ばすが前を行く馬もなかなか止まらず5着。「こんなドロドロ馬場の中、馬はよく頑張ってくれたのですが結果を出すことができず申し訳ございませんでした。もう少し前のポジションを取りたかったのですがスタート後、隣の馬に寄られて進路が狭くなってしまう場面があり、そこをスムーズに進められたらもっと上 の着順に来れたかもしれません。道中も泥を被って頭を上げてしまう場面がありましたし、今日の馬場は可哀想でしたね。それでも最後まで諦めずに走っていましたし、精神面の成長が感じられるレースでした」(今野騎手)「パドックは落ち着いて周回していましたし馬体も引き締まって、良い状態で送り出すことができたと思います。雨が降ってこの泥んこ馬場がどう出るかという懸念だけでしたが、今日は悪いほうに出てしまいましたね。アウターも最後まで脚を伸ばしているのですが、この馬場では前もなかなか止まらないですし、残念な結果となってしまいました。しかし、収穫のあるレースでもあったと思います。以前のアウターなら泥を被って走る気持ちを無くしてしまっても不思議ではない状況だったのですが、最後まで諦めずに走ってくれましたからね。精神的に大人になってきたのでしょう。今日は最良の結果にすることができず申し訳ございませんでしたが、まだまだ成長を見せてくれていますので勝利に向かって前進していきたいと思います」(月岡師)泥を被って厳しいレース展開となってしまいました。しかし、最後までしっかり脚を伸ばしている姿には成長を感じることができたと思います。この後は不良馬場を走ったあとなので馬体を入念にチェックし、ダメージがないか確認を行ってから決めていきます。

3/26 大井・月岡厩舎

大井競馬場ダートコースでキャンター1600mを行っています。「レース間隔が詰まっているのでこの中間はキャンター1600mぐらいの調整ですが、キャンターを行う前にダクでじっくり動かしていますので運動量は確保しています。気持ちの面も問題なさそうですし、このまま30日から始まる大井開催に向かいたいと思います。番組を見たところ4月3日にレースが組まれましたので、そこに向けて調整していきますが、体はある程度できていますので中間に速い追い切りは必要ないでしょう。今の状態をキープしてレースに向かえればと思いますので、しっかり調整していきます」(月岡師)4月3日の大井競馬(卯月特別・ダ1600m)に出走を予定しています。

3/19 大井・月岡厩舎
大井競馬場ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「レース後の様子を見てきましたが脚元や体調に問題はなく、すでに軽めのキャンターを開始しています。動きを見ても大丈夫そうですが、レースからまだ一週間しか経っていませんし、アウターは気持ちの面が一番重要になってきますので次の大井開催に向かうかはもう少し様子を見てから決めていきたいと思います。前走では改めて力のあるところを示してくれましたし、次こそはという気持ちでいますのでしっかり調整していきます」(月岡師)

3/12 大井・月岡厩舎

20140312
12日の大井競馬では道中3~4番手の外目を追走。4コーナーで前を行く馬を捉えてそのまま粘り込みを図るが、最後に伸びてきた勝ち馬に交わされてしまい2着。「パドックで跨がった時から調子の良さが伝わってきたので、これは楽しみだなと思っていました。返し馬でも前走とは手応えが違っていて、休み明けを一度叩いたことで中身がしっかりしてきた印象を受けました。スタートの出はひと息だったのですが、気合いを付けるとスッと先行集団に取りついてくれましたし、道中もいい感じで進めることができました。直線に入って抜け出したときには“よしっ”と思ったのですが最後の最後で人気している馬に捕まってしまいました。悔しいですが、馬はよく頑張ってくれたと思います。まだ良化の余地を感じるだけに次が楽しみです」(真島騎手) 「一叩きして息遣いが良くなっていたので、今回はやってくれるだろうと期待をもって送り出したのですが、あと一歩のところで交わされてしまい非常に悔しいです。しかし、この馬らしい走りを見せてくれたことは良かったと思いますし、前走を使った後もいい意味でリラックスしていて体重を減らすことなく調整を行えたのが今回の走りに繋がったのでしょう。外目からスムーズに追走できたのも好走の要因だと思いますし、やはり気分よく進められたときは勝ち負けできるだけの走りを見せてくれますね。次走につきましては精神面が大きなポイントとなる馬だけに厩舎で様子を見てから決めていきたいと思いますが、ジョッキーは更に状態が上がりそうだと言っていましたので、順調であればこのまま進めていきたいと考えています」(月岡師)前走を一叩きしたことで期待通りに状態は上向いており、勝利まであと僅かという走りを見せてくれました。最良の結果とはなりませんでしたが、このクラスでは上位の能力を持っていることを改めて見せてくれましたので、次走に期待したいと思います。このあとは厩舎に戻って様子を見てから検討していきます。

[`evernote` not found]
LINEで送る