« | »

2012.07.16

【少年サッカー】チームワーク

昨日はちょっと遠征して練習試合。

相手は昨年何度も練習試合を行わせていただいたチームで、昨年までのコーチが現在指導しているチーム。実力は伯仲、点数は数えていませんが、4本行っても差はなかったのではないかと思います。

気になった点は

  ①チームワークが悪い

  ②キーパーが固定できない

  ③個々が「自分が」という気持ちが強すぎ

こんなところでしょうか?①と③は殆ど同じ事です。ゴール前でボールを持った子、もしくはゴール前までボールを運んだ子は一番シュートを打ちやすい子に委ねることなく、まず自らフィニッシュを狙います。特にストライカータイプの子は顕著に表れていました。文章だと表現しにくいのですが・・・あるストライカーのO君が中盤でカットしたボールをすばらしいドリブルでゴール前まで持ち込みました。しかし、相手の最後のデフェンスもすばらしく、シュートを簡単には打たせません。O君はゴール右サイドに追いやられます。ここで!です。O君は右利きで常にフィニッシュは右足です。右サイドに追い込まれたので、相手を振り切っても角度のないところから右足でのシュートか、切り返して左足のシュートとなるわけですが、彼の選択は振り切って右足でシュート・・・案の定、角度がないのでサイドネットに突き刺さるミスキック。もしもフィットしたシュートでもキーパーにキャッチされていたと思いますが・・・。

ではどうしたら良かったとか・・・?

実はO君がボールをキープしている間、中央でフリーな子がずーっと呼んでいたんですよね。恐らく、O君にも声は聞こえていたと思うのですが、パスを出さず、何が何でも俺がシュート打つんだ!と言う気持ちが見え見えでした。

当然、中央でフリーだった子はボールがゴールラインを割った後、「こっちにパスでも良かったよ」とO君に伝えに行ったのですが、O君は「だったらもっと近くにもらいに来いよ!」と一言。

近くで見ていて会話が聞こえてくる我々保護者はがっくりですね・・・

こんなサッカーじゃ強くならないと・・・

コーチはどこまで気がついていてどう感じているのかは我々にはわかりかねます。ただ、どんなに中心人物でチームの大黒柱だとしても、独りよがりなプレーは修正してあげないとチームとしての力は上がらないのではないかと思います。

まだまだ強くなれると思うチーム、今一度チームワークについて考えてみたらどうだろうか?と感じた試合でした。

[`evernote` not found]
LINEで送る

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>